歯に関する専門家

突然の歯の痛みや歯茎の腫れなどが起こった場合、歯医者へ行く人は多いでしょう。歯医者では歯の痛み以外に困った事があっても対応してもらえる所があります。歯医者はどんな事に対応してくれるのでしょうか?口コミから見てみましょう。

歯医者を利用した人達の口コミまとめ

入れ歯を新しくしました

元々使っていた入れ歯が合わなくなってしまったので新しい入れ歯に入れ替える事にしました。歯医者さんが丁寧に対応してくれましたよ。

歯の掃除のおかげで歯の白さが持続しています。

元々は虫歯の治療で通っていたのですが、終わったので歯医者さんに歯の掃除を勧められたので定期的に通っています。昔は歯の色があまりよくありませんでしたが、歯の掃除に通っているおかげで白さが戻り綺麗な歯で嬉しいです。

銀歯を入れない虫歯治療

虫歯を治療してもらったのですが、銀歯を入れると思っていたら最近は見た目を意識した治療もあると聞いてその方法をお願いしました。銀歯だと少し格好悪いですが今回してもらった治療法は見た目も普通の歯のようで嬉しいです。

進化する入れ歯!

歯医者

入れ歯は部分入れ歯と総入れ歯に分かれます。部分入れ歯は文字通り一部歯が欠けた所を補う為の機器です。総入れ歯は部分入れ歯よりも歯の無い人の為に歯の役割をしてくれる機器です。入れ歯は着脱が可能なので、使用しない時は外す事も可能です。入れ歯は便利な機器ですが、人によっては入れ歯の見た目に抵抗を感じて入れ歯を入れたがらないという人もいます。最近は見た目を意識し入れ歯についてる金属部分を無くした金属ばねのない部分入れ歯や総入れ歯が登場しています。樹脂でできているので歯茎にも優しく軽いので入れ歯を歯に入れるという違和感を無くす事ができます。メリットの多い入れ歯ですが、一方で普通の入れ歯よりも費用が掛る事や素材が柔らかいので煎餅のように硬くて破片がとげとげしてしまう食べ物は入れ歯の歯茎部分を気づつけてしまうようです。ですが、メリットも多いので興味のある人は一度医師と相談してみましょう。

新しい虫歯穴の埋め方

虫歯による歯への穴が大きい場合は一度歯をかたどりして銀色の蓋を作成しそれを上から被せます。今まではこの方法が一般的でしたが、最近は歯に被せる蓋にも気を遣いセラミックを用いる方法が主流になり始めています。また、セラミック以外の被せものとして人工ダイヤモンドをしようしたフルジルコニアという被せものも登場しています。フルジルコニアは耐久性や耐熱性にも強くたくさん噛んでも欠けにくいセラミックです。また、金属アレルギーを持つ人でも問題なく使う事ができます。

歯の白さを取り戻したい

食べ物の着色量などによって歯の白さは変わってきてしまいます。毎日歯磨きを行っていても歯の白さを持続させるには限界があります。歯の白さを取り戻したいという人は川崎区の歯医者でホワイトニングを行ってもらいましょう。ホワイトニングは料金が高いという印象が強い人が多いでしょう。ですが、場所によっては五千円前後に費用を抑えて治療を行える所もあります。

広告募集中